台風の写真

8月に入って台風が続々と押し寄せてきます!

2020年8月10日(月)には、台風6号が南シナ海で発生しました。

台風6号の発生を伝えるライブドアニュース

今年は、7月までは台風の発生はありませんでしたが、8月になってから続々と台風が生まれています。

8月9日に発生した台風5号(チャンミー)に次ぐ台風6号<MEKKHALA>(メーカラー)になります。

少しでも被害を免れるために、台風の状況を把握して、いち早く行動できるようにしておきたいものですね。

というわけで今回は、

  • 2020年台風6号の米軍進路予想
  • 2020年台風6号の発生場所
  • 台風6号の名前である『メーカラー』の由来

について調べてみました!



2020年台風6号の米軍進路予想と発生場所

8月10日正午に発生した台風6号、通称「メーカラー」の進路予想と発生場所を見てみましょう。

  • 台風6号進路は、10日未明から明け方にかけて先島諸島に接近し中国を経由後韓国&北朝鮮を通過して北海道方面に向かう
  • 台風6号発生場所は南シナ海

台風6号の米軍進路予想

では今後の台風6号の米軍進路予想を見てみましょう。

南シナ海海上から発達した台風6号は8月11日から12日にかけて台湾海峡を北上する見込みです

8月12日(水)には、上海を通過してその後温帯低気圧に変わる模様です。

台風6号の米軍衛星画像

台風6号の米軍進路予想_正 

台風6号の米軍進路予想

台風6号の米軍進路予想 

台風6号の進路予想を伝えるウェザーニュース

日本への影響はないと思われます。



台風6号発生場所

2020年の台風6号の発生場所は南シナ海海上で、8月9日(日)午前9時時点で那覇市の南南西約380km地点にあります。

9日の午後9時には、奄美市の西約330km地点に達する見込みです。

その後、温帯低気圧に変わるものとみられています。



2020年台風6号メーカラーの名前の由来

台風には毎回固有の名前が付けられており、今回の2020年台風6号の名前は「メーカラー」です。

メーカラーの名づけはタイで、現地の言葉で「雷の天使」を意味します。

これはタイの雷にまつわる伝説に出てくる女神の名前なんです。

■ 女神メーカラー(左)と鬼神ラーマスン(右)

女神メーカラーと鬼神ラーマスン

女神メーカラーに惚れた鬼神ラーマスンが、女神を自分のものにしようとメーカラーに向かって鎌を投げつけます。

しかしメーカラーが持っている水晶が光を放って鎌を振り払ってしまうのです。

メーカラーの水晶の光が雷光で、ラーマスンの鎌が落ちる音が雷鳴(雷の音)だと言い伝えられています。

今回の台風の名前は天気に関係ある名称みたいですね^^

一応以下のように台風の名前にはきまりがあります。

実は名前の付け方は決まりがあって、あらかじめ決まった国の固有の名称(動物とか花などの自然のもの)である140の名前を順々に付けることになっています。



2020年台風6号の米軍進路予想と発生場所・メーカラーの名前の由来まとめ

ここまでで2020年の台風6号について米軍進路予想と発生場所チャンミーの名前の由来について説明させて頂きました。

  • 2020年台風6号の進路は南シナ海海上から発達した台風6号は8月11日から12日にかけて台湾海峡を北上する見込みで、8月12日(水)には上海を通過してその後温帯低気圧に変わると予想
  • 2020年台風6号の発生場所は南シナ海海上でフィリピンの北西に位置する
  • 台風6号の名前である『メーカラー』の由来はタイ語で「雷の天使」を意味する

今回の台風は日本に影響なさそうですね。

しかしまた次の台風7号が発生するとも言われているので、今後の予想を気にしておいた方がよさそうですね。