台風の写真

2020年8月、台風4号が日本に接近しました。

台風4号の発生を伝えるライブドアニュース

7月までにも既に日本中で大雨が降り、各地で水害が多発したばかりです。

被害に見舞われた地域の方にとっては、正直言ってもう自然災害は勘弁してほしいところだと思います。

そうはいっても、自然は待ってくれません。

無慈悲にも8月は台風のラッシュになる可能性があるともいわれる始末です。

少しでも被害を免れるために、台風の状況を把握して、いち早く行動できるようにしておきたいものですね。

というわけで今回は、

  • 2020年台風4号の発生時期と進路予想
  • 2,020年台風4号の最新進路図
  • 台風4号の名前である『パグピート』の由来

について調べてみました!



2020年台風4号の発生時期と進路予想

8月に発生した台風4号、通称「パグピート」の発生時期と進路予想を見てみましょう。

  • 台風4号発生時期は8月1日(土)15時
  • 台風4号進路は、3日未明から明け方にかけて先島諸島に接近し中国を経由後韓国&北朝鮮を通過して北海道方面に向かう

台風4号発生時期

2020年の台風4号の発生時期は、8月1日(土)の15時頃です。

フィリピンの海上で発達した熱帯低気圧が台風4号となりました。

台風の条件は、熱帯の海上で発生する低気圧である「熱帯低気圧」が発達したものです。

そのうち台風と呼ばれるものは、北西太平洋または南シナ海に存在し、低気圧域内の最大風速が17m/s以上になったものを指します。

今回の台風4号は、8月2日現在、時速15キロで北西に進んでいます。

最大風速23m/s、最大瞬間風速35m/sとなっています。



台風4号の米軍進路予想

では今後の台風4号の米軍進路予想を見てみましょう。

台風4号の米軍衛星画像

米軍衛星画像

台風4号の米軍進路予想

米軍進路予想図

台風4号の進路予想を伝えるウェザーニュース

フィリピンの海上で発生した台風4号は8月3日~4日にかけて中国上海に接近・上陸するとみられます。

その後進路を北東に変え、8月5日~6日にかけて韓国・北朝鮮に接近・上陸すると予想されます。

先島諸島の方々はくれぐれも警戒を怠らないようにしてください。



2020年台風4号<パグピート>の名前の由来

台風には毎回固有の名前が付けられており、今回の2020年台風4号の名前は「パグピート」となりました。

パグピートはフィリピンの言葉で、「ムチ打つこと」の意味なんです。

今までの流れから、全部動物とか自然の名前を付けるものだと思ってました^^;

一応以下のように台風の名前にはきまりがあります。

実は名前の付け方は決まりがあって、あらかじめ決まった国の固有の名称(動物とか花などの自然のもの)である140の名前を順々に付けることになっています。



2020年台風1号の発生時期と進路予想と最新進路図・パグピートの名前の由来まとめ

ここまでで2020年の台風4号について発生時期と米軍の進路予想、パグピートの名前の由来について説明させて頂きました。

  • 2020年台風4号の発生時期は8月1日(土)15時
  • 2020年台風4号の進路は8月3日~4日にかけて中国上海に接近・上陸し、その後進路を北東に変え、8月5日~6日にかけて韓国・北朝鮮に接近・上陸すると予想
  • 台風4号の名前である『パグピート』の由来はフィリピンの言葉で、「ムチ打つこと」の意味』の由来

沖縄は毎年真っ先に台風に被害に会いますね^^;

台風4号は直撃はなさそうですが、やっぱり注意するに越したことはないので、今後の進路を見つつ警戒していきましょう!