チップを入れる瓶

2021年5月から試験導入されていたTwitterの投げ銭機能である「Tip Jar」が、名称を「Tips(チップ)」に改め、広く使えるようになります。

これまでは英語でのツイッターユーザーの、一部の方しかチップ機能を使うことができませんでした。

それが9月末より、日本でも一般ユーザーが使用できるようになります。

投げ銭機能が導入されれば、一層ツイッターでの活動が活発になることは間違いなしです!

ではチップ機能を使うには、どういった条件があり、設定などが必要になるのでしょうか。

ここでは、日本でのツイッターで投げ銭機能「Tips(チップ)」を使うための設定のやり方や、投げ銭の受け取り方について解説しております。

  • ツイッターの投げ銭「Tips」(チップ)のやり方・設定方法
  • ツイッター「Tips」投げ銭の受け取り方は?


Twitter投げ銭「Tips」のやり方・設定方法

ツイッターの投げ銭機能が使えるのは、現状iOSアプリのみとなっています。

※数週間以内に、Androidアプリでも利用できるとのこと。

それでは設定方法を見ていきましょう!

  1. ツイッターアプリを開きます
  2. 自分のアイコンをタップして「プロフィール編集」をタップ
  3. プロフィール編集画面の下部にある「Tips」をタップ
  4. Tipsの説明画面が出てくるので、一番下の利用開始をタップ
  5. Tips画面で「チップの受け取りを許可」のトグルスイッチをONにする

<詳細手順>

1.ツイッターアプリを開きます

iOS端末でtwitterアプリを開きます

2.自分のアイコンをタップして「プロフィール編集」をタップ

ツイッターのプロフィール編集

3.プロフィール編集画面の下部にある「Tips」をタップ

ツイッターのTips設定

4.Tipsの説明画面が出てくるので、一番下の利用開始をタップ

Tipsの利用開始

5.Tips画面で「チップの受け取りを許可」のトグルスイッチをONにする

Tipsを許可

これで「Tips」機能が有効になります。

どこでTips機能が有効になったかわかるかというと、各ツイッタ―のユーザー画面で確認できます。

Tipsで送金可能なツイッターユーザー画面

英語圏ユーザーへの投げ銭画面

Tipsが有効になっているユーザーは、ホームにお札のマークのアイコンがあります。

これをタップすることで、送金が可能となります。



Twitter「Tips」投げ銭の受け取り方は?

twitterでTipsを受け取るには、プロフィール画面でTipsを有効にした後、連携可能な決済サービスビットコインのアドレスを追加することで可能となります。

現在連携可能な決済サービスは以下の9種類です。

Tipsで連携可能な決済サービス

  • CashApp
  • Chipper
  • Patreon
  • Razorpay
  • Wealthsimple Cash
  • Venmo
  • Bandcamp
  • GoFundMe
  • PicPay


ツイッターの投げ銭「Tips」のやり方と仕組み・受け取り方の設定方法まとめ

今回は、twitterの投げ銭機能「Tips」のやり方と設定方法、受け取り方について紹介しました。

  • ツイッターの投げ銭「Tips」(チップ)のやり方・設定方法はプロフィール編集から行う
  • ツイッター「Tips」投げ銭の受け取りには連携可能な決済サービスかビットコインアドレス登録が必要

ツイッターの投げ銭機能追加に対しては、賛否両論あります。

ツイッター内で真っ当に活躍されている芸術家さんたちには良いサービスかもしれませんし、グレーなやり方で荒稼ぎする輩も出て来るかもしれません。

これからの動向に注目したいと思います。