全米女子オープンゴルフで笹生優花(さそうゆうか)選手が優勝を飾りました!

オリンピックでも彼女の活躍が期待されますが、どうも日本代表としては出場しないという情報が入っています。

  • 棄権するってこと??
  • 他の国の代表って噂が出てるけど本当?

オリンピックに対して、彼女なりの考えがあるのでしょうね。

ここでは、笹生優花選手がオリンピック日本代表で出場しない理由と、国籍に影響しているのかについてまとめています。

結論から言うと、笹生優花さんはフィリピン代表として東京五輪に出場されます。



笹生優花はオリンピック日本代表で出場しない理由

笹生優花さんは日本代表ではなく、フィリピン代表として東京五輪に出場されます。

え、フィリピン!?

驚かれる方もいるかもしれませんが、優香さんの顔立ちや、生い立ちを知っている方なら、「ああ、なるほど」と納得するかもしれません。

実は彼女はフィリピンで生まれ育っていて、8歳までフィリピンのブラカン州のサン・イルデフォンソで暮らしていました。

名前が日本人なのは、日本人の父親(正和)とフィリピン人の母親(フリッツィ)の間に生まれた子で、ご両親のお考えの上、日本人の名前にされたのでしょう。

ここまで聞くと、笹生優花さんはいったいどちらの国籍になるの?

という疑問が出てきます。

笹生優花さんは現在日本とフィリピン、どちらの国籍も持っています。

そして、2重国籍を持つ選手の場合、どちらか一方を選んで出場できることになっているのです。

今回取材の結果、笹生優花さんは、フィリピン代表として出場される可能性が濃厚となっています。

彼女がゴルフを始めたのが8歳の頃で、それまで3年間暮らしていた日本からフィリピンにまた戻り住んで、過酷なゴルフトレーニングを積んでいました。

父が会員となっている現地のゴルフクラブを利用したりと、ゴルフの経験を積ませてくれたのがフィリピンという環境でした。

笹生選手は、これまでのフィリピンに対するゴルフへの「お礼」を込めて、東京五輪にはフィリピン代表として参加したいという意思があったようです。

素晴らしい心意気だと思います!

だから、大阪選手のときみたいに、日本人らしくないという理由で、彼女が日本代表にならなかったことをマスコミの方は責めないようにね☆

自分を育ててくれた国に感謝を忘れないってのは、とても大事なことですよね^^

ちなみに、将来的には笹生選手は日本の国籍を取得したいとも言っています。

笹生優花選手のルーツについては、こちらの記事でも紹介しております。



笹生優花はオリンピック日本代表で出場しない理由と国籍との関係まとめ

今回、笹生優花さんがオリンピック日本代表で参加しない理由について、国籍などとの関係を交えて紹介しました。

笹生優花さんはゴルフを支えてくれたフィリピンへのお礼を込めて、フィリピン代表として東京五輪に出場する

彼女の腕は師匠であるジャンボ尾崎さんの折り紙付きなので、今後の活躍に目が離せませんね♪