軽減税率が適用されない飲食料品は何?みりんやお薬や重曹などは8%か10%どちらになるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩む女性

2019年10月から開始する消費税増税に向けて「軽減税率」が開始されます。

家計圧迫に配慮して施行される軽減税率ですが、飲食料品すべてが8%据え置きというわけではありません。

お酒などアルコール飲料は従来通りのままになるのは勿論のことですが、他にはどういったものがあるのだろうか?

「アルコールの含まれているみりんは8%になる?」
「ノンアルコールビールは10%?」
「重曹って食べ物に使うけど8%にしてくれる?」

悩む女性

こんな疑問が当然出てくることでしょう。
そこで今回は、

飲食料品で軽減税率が適用されないものとは何か?理由も調査してみましたので見ていって下さい。

スポンサーリンク

食料品でも軽減税率の適用される場合とされない場合をまとめた記事をコチラで紹介していますので是非確認してみて下さい!

軽減税率が適用される(8%)されない(10%)場合の判断基準は?実例ごとにリストで税率を紹介!

軽減税率が適用されないものは何がある?

一口に飲食料品といっても食事のために買うもののほかにも、クスリやサプリメント・健康食品といったものもあります。

軽減税率の指針として、医薬品は軽減税率の対象外となっていますが、栄養ドリンクやサプリメントなどは医薬品にあたるのだろうか?

そういったものも含めて一つずつご紹介していきたいと思います!

アルコール飲料

ビール・日本酒・ワイン等々、アルコール飲料は全て軽減税率の対象外になるので10%のままとなります。

ノンアルコール飲料

酒税法に規定されないノンアルコール飲料は軽減税率の対象となり8%となります。レストランや居酒屋など外食で飲む場合は全て10%となります。

料理酒

こちらは酒税法で規定される「酒類」にあたるため他のアルコール飲料と同じく10%となります。
酒税法ではアルコール度数1%以上含まれていれば酒類と規定しており、料理酒は14%程度アルコール度数があるので酒類として10%の消費税になります。

みりん

みりんも実はアルコール度数が結構高く、13%程度含まれています。
よってこちらも酒類という分類に含まれるため税率10%となります。

みりん風調味料

「ぼんてり」などの「みりん風調味料」の場合はみりんとは違いアルコール度数が1%未満のものを指します。
アルコール1%未満のものは酒類には分類されないのため軽減税率の対象となります。
よってこちらは8%となります。

みりんタイプ調味料

「みりんタイプ」の場合、アルコール度数を見ると10%近く含まれています。
ということはこれは酒類では?…ではなく、この場合ちょっと事情が変わります。
みりんタイプ調味料の場合、みりんに食塩を混ぜて飲めなくしており(不可飲処置)、これによって酒税法の対象から外れるものとなるのです。

スポンサーリンク

アルコール度数によって添加する食塩の量は決められていますが、ここでいうみりんタイプの調味料は酒類には当たらず軽減税率対象の8%となります。

加塩料理酒

こちらも普通の料理酒とは違い、みりんタイプ調味料と同じく食塩を加えているものになります。この場合も食塩を一定量加えているため酒類ではなくなり、軽減税率対象の8%となります。

栄養ドリンク

栄養ドリンクにも大きく分けて

  • 「医薬品」の栄養ドリンク
  • 「医薬部外品」の栄養ドリンクの

2種類あります。

商品のラベルに『医薬品』や『医薬部外品』などの記載があるはずですので確認してみるといいでしょう。

医薬品栄養ドリンク

医薬品に当たる場合軽減税率の対象外となるので10%となります。

医薬部外品の栄養ドリンク

医薬部外品の場合は軽減税率が適用されるので8%で購入できます。

一体資産

例えばおやつとおもちゃがセットになっているような場合の商品で、商品全体の価格が1万円以下で且つ飲食料品の価格の占める割合が2/3以上である場合、全体が8%になります。

重曹

掃除に使われる重曹ですが、料理としてもつかわれる為軽減税率の対象となり8%です。
ただし重曹にはきちんと食用と掃除用があるので、料理に使う場合は食用を選ぶようにしましょう。

ペットフード

ペットフードは基本的に人の食生活に関わらないもの(人が食べないもの)なので軽減税率対象外の10%となります。

人が食べられるペットフード

ペットフードの中には「人が食べられる」ペットフードというものもあり、こういった商品であれば軽減税率の対象で8%で購入できるようです。

安物のペットフードには質の悪いものが多いと聞くので、人でも安心して食べられるというのはそれだけ良質だといえます。税率も抑えられるのでこういったペットフードも試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

こうしてみると国税庁が発表している通り、酒類・医薬品などは軽減税率が適用されず、人が飲食可能な食料品の税率が軽減されるようになっています。

  • みりんや料理酒でも酒税法に規定されるものは軽減税率対象外
  • 通常人が飲食するものではなくても飲食可能な重曹やペットフードなどは軽減税率が適用される
  • 薬局などで販売されるものでも医薬品外の栄養ドリンクなどは通常の食料品と同じく軽減税率が適用される

普段買っているものでも、ひょっとしたら軽減税率対象の別の商品に置き換えられるものもあるかもしれません。

ワンちゃん、ねこちゃんを飼ってらっしゃるご家庭の場合は10月からペットフードの値段が上がってしまいます。
これを機会にペットの餌として人気もあり軽減税率対象である「人が食べられるペットフード」に変えてみるのもいいかもしれませんよ?

ぜひお買い物の際のお役に立てればと思います!

食料品でも軽減税率の適用される場合とされない場合をまとめた記事をコチラで紹介していますので是非確認してみて下さい!

軽減税率が適用される(8%)されない(10%)場合の判断基準は?実例ごとにリストで税率を紹介!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA