ロックミュージシャンの写真

大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」が2021年6月4日(金)に地上波初登場です!

6月4日の金曜ロードショーで映画「ボヘミアン・ラプソディ」放送を伝えるクイーン日本レーベル公式

https://twitter.com/queen40jp/status/1383076187266699264

クイーンファンなら絶対抑えるべき映画といえますね☆

ファンの一人として、映画ではどの曲が演奏されるのか気になるところです。

ここでは、映画「ボヘミアン・ラプソディ」で演奏される曲一覧と登場する曲の順番について紹介したいと思います。

また、映画の中で流れるライブの歌がフレディ本人のものかどうかも調べましたので書いておきます。

  • 映画『ボヘミアンラプソディ』の曲一覧と曲順
  • 映画『ボヘミアンラプソディ』歌はフレディ本人の声?


映画『ボヘミアンラプソディ』の曲一覧と曲順

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で流れるクイーンの曲を、映画内の登場順に一覧にしてみました。

映画内で使われているクイーンの楽曲は、全21曲です。

20th Century Fox Fanfare(20世紀・フォックス・ファンファーレ)は元々映画供給会社である「20世紀フォックス」のオープニング曲です。

実はこれを今回、クイーンのメンバーであるブライアンとロジャーが演奏したものを使っています。

ですので、これを0番目の曲としました。

映画ボヘミアン・ラプソディで流れる曲名と順番


曲名 発売
時期
0 20th Century Fox Fanfare
(20世紀・フォックス・ファンファーレ)
2018年
1 Somebody to Love
(愛にすべてを)
1976年
2 Doing All Right… Revisited
(ドゥーイング・オール・ライト)
1974年
3 Keep Yourself Alive
(炎のロックンロール)
1973年
4 Killer Queen
(キラー・クイーン)
1974年
5 Fat Bottomed Girls
(ファット・ボトムド・ガールズ)
1978年
6 Bohemian Rhapsody
(ボヘミアン・ラプソディ)
1975年
7 Now I’m Here
(ナウ・アイム ・ヒア)
1975年
8 Crazy Little Thing Called Love
(愛という名の欲望)
1979年
9 Love of My Life
(ラブ・オブ・マイ・ライフ)
1975年
10 We Will Rock You
(ウィー・ウィル・ロック・ユー)
1977年
11 Another One Bites the Dust
(地獄へ道づれ)
1980年
12 I Want to Break Free
(自由への旅立ち)
1984年
13 Under Pressure
(アンダー・プレッシャー)
1981年
14 Who Wants to Live Forever
(リブ・フォーエバー)
1986年
15 Radio Ga Ga(レディオ・ガ・ガ) 1984年
16 Ay-Oh(エーオー) 1985年
17 Hammer to Fall
(ハマー・トゥ・フォール)
1984年
18 We Are the Champions
(伝説のチャンピオン)
1977年
19 Don’t Stop Me Now… Revisited
(ドント・ストップ・ミー・ナウ)
1978年
20 The Show Must Go On
(ショウ・マスト・ゴー・オン)
1991年


<amazon musicで各曲視聴するためのリンク>

amazon musicで「Somebody To Love」(愛にすべてを)を視聴


Somebody To Love

amazon musicで「Doing All Right… Revisited」(ドゥーイング・オール・ライト)を視聴


ドゥーイング・オール・ライト

amazon musicで「Keep Yourself Alive」(炎のロックンロール)を視聴


Keep Yourself Alive

amazon musicで「Killer Queen」(キラー・クイーン)を視聴


Killer Queen [Explicit]

amazon musicで「Fat Bottomed Girls」(ファット・ボトムド・ガールズ)を視聴


Fat Bottomed Girls

amazon musicで「Bohemian Rhapsody」(ボヘミアン・ラプソディ)を視聴


Bohemian Rhapsody

amazon musicで「Now I’m Here」(ナウ・アイム ・ヒア)を視聴


Now I’m Here

amazon musicで「Crazy Little Thing Called Love」(愛という名の欲望)を視聴


Crazy Little Thing Called Love

amazon musicで「Love of My Life」(ラブ・オブ・マイ・ライフ)を視聴


Love Of My Life

amazon musicで「We Will Rock You」(ウィー・ウィル・ロック・ユー)を視聴


We Will Rock You

amazon musicで「Another One Bites the Dust」(地獄へ道づれ)を視聴


Another One Bites The Dust (Remastered 2011)

amazon musicで「I Want to Break Free」(自由への旅立ち)を視聴


I Want To Break Free

amazon musicで「Under Pressure」(アンダー・プレッシャー)を視聴


Under Pressure [feat. デヴィッド・ボウイ]

amazon musicで「Who Wants to Live Forever」(リブ・フォーエバー)を視聴


Who Wants To Live Forever (Remastered 2011)

amazon musicで「Radio Ga Ga」(レディオ・ガ・ガ)を視聴


RADIO GA GA (Remastered 2011)

amazon musicで「Ay-Oh」(エーオー)を視聴


AY-OH (ライヴ・エイド、ウェンブリー・スタジアム、ロンドン、1985年7月13日)

amazon musicで「Hammer to Fall」(ハマー・トゥ・フォール)を視聴


Hammer To Fall

amazon musicで「We Are the Champions」(伝説のチャンピオン)を視聴


We Are The Champions

amazon musicで「Don’t Stop Me Now… Revisited」(ドント・ストップ・ミー・ナウ)を視聴


ドント・ストップ・ミー・ナウ

amazon musicで「The Show Must Go On」(ショウ・マスト・ゴー・オン)を視聴

The Show Must Go On

 



映画『ボヘミアンラプソディ』歌はフレディ本人の声?

映画で流れるクイーンの曲を聴いた人の中には、本物のクイーンの録音を流しているんじゃないか?

と言う声も多いんです。

残念ながら、いや、凄いことに全部キャストによる演奏・歌声のみなんです!

こちらのあらすじ紹介の記事でも紹介しておりますが、本物のクイーンを研究しまくって、ものまねレベルを超えたクイーンを生み出すことに成功しています。

実際に映画を見た後に、上で紹介したmazon musicで本物のクイーンの歌を聞いてみて下さい。

全く同じですからw

それでも、映画中に唯一本物のクイーンがプレイしているところがありました。

それがオープニングのファンファーレです。

この映画の配給は、有名な20世紀フォックスで、オープニングにはおなじみのファンファーレが流れます。

20世紀フォックスのオープニングファンファーレ

聞いた事ありますよね^^

実はこの部分を、クイーンのオリジナルメンバーである、ブライアンとロジャーが演奏したものを使っています。

映画内にはオリジナルのメンバーは一切でないのに、ここでこっそり使うあたり、演出がきいててニクイですね(^w^)



映画『ボヘミアンラプソディ』の曲一覧と曲順・歌はフレディ本人?まとめ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」に出てくる曲名と順番、歌がフレディ本人のものかどうかについて紹介しました。

  • 映画『ボヘミアンラプソディ』の曲はオープニングファンファーレ含めて全21曲
  • 映画『ボヘミアンラプソディ』歌はフレディ本人ではなく、全てキャストの演奏(オープニングのみクイーンメンバー)

クイーン知らない人も、映画を見たらおおかた好きになりますね♪

フレディ、素晴らしい歌をありがとう!!