マコモ風呂は危険なレジオネラ菌がいて怖い?アトピーへの効果と問題点を調査

マコモ風呂というものをご存知でしょうか?

ある話ではマコモ(真菰)を入れたお風呂はお湯を変えなくても問題ないと言われています。

収穫したマコモの様子を写したツイート

お風呂といえば毎日お湯張りや浴槽を洗ったりと面倒な作業があり、それを省くことが出来るならやってみたいですよね。

そんなマコモ風呂について紹介します。

勘違いされてしまうと怖いので、最初に結論を書かせていただくと幻想です。

マコモ風呂を広めているのは医療者ではない上に、一部の法に違反している事が多いです。

後で簡単に記載しますが、マコモ革命というマコモ風呂の元となる本があり、その内容は酷い物でした。



マコモ風呂は危険なレジオネラ菌がいて怖い?

まずはレジオネラ菌について説明させていただきます。

レジオネラ菌というのは水場で生息しており、風呂場や温泉などは人間などを介して混入しやすいです。

感染経路は水飛沫や水蒸気(風呂場の霧)などです。

リスクについてですが、発症した場合の死亡率は15%から30%で発見が遅れた場合には更に跳ね上がると言われています。

要は水場は危ないよ、という事ですね。

しかし余程のことがない限り発症の心配はありません。

例えば、お風呂の水を一切変えずに追い炊きだけでお風呂に入ったりなんてしなければ、です。

マコモ革命という本によると、太陽光線を吸収させたマコモは人間の体液に触れると微生物を発生させるそうです。

それが数百度の高熱に耐え人間にとって不要な有害物質などを分解し、一緒に排出されてくれるそうです。

他にも、マコモは腐敗しない、どんな物質と混じっても変質しないなどと言っています。

少し考えれば分かることではありますが、あり得ませんよね。

そもそも変質しないならお風呂の水にどうやって混ぜるのでしょうか?



マコモ風呂にアトピー改善効果はある?

アトピー改善効果が全くないとは言い切れません。

しかし、マコモ風呂はお湯を変えない為、必然的に汚れが溜まりやすく様々なリスクを兼ね備えています。

マコモ風呂に医学的根拠はなく健康被害を訴える人も多いのですがマコモ革命の内容にその洗脳じみた内容に気付かせないための言葉があります。

マコモ作用に人間の健康に悪い物を体外に出し病気を治すという説明があり、お風呂が汚く、体調が悪くなっているのはマコモ作用のおかげで、毒を排出する過程だから我慢しようという感じですね。

アトピーが治る根拠はない上に感染症のリスクがある事を知った上で試してみたいのであれば、もう何も言うことはありません。

悲惨な事になってしまった事実はネットに残っている為そちらについて先に調べてみてください(その際はグロ画像注意)。

アトピー治療にはマコモ風呂から発想を得たバイオ入浴をおススメします。

こちらは米国、アメリカの方で治療特許が取得されていて医者と提携している会社が製造する粉末を使用しています。

マコモ粉末と違い、浴水中のバクテリアの遺伝子解析なども行われている上に、国際的に信頼されている治療法でもあります。

バイオ入浴とマコモ風呂を混同し、健康に被害を及ぼした例は少なくないそうでそういった方々にこの記事が見てもらえることを望みます。

実際にバイオ入浴をしている人のブログリンク画像付きツイート



マコモ風呂の問題点

マコモ風呂には様々な問題があると言われています。

  • 医学的な根拠が皆無である。
  • アトピー悪化の実例がある。
  • 根拠なしの拡大解釈や誇張発言が素人により行われ広がっている専門的視点が欠けた素人療法である。
  • 感染症のリスクがある。

元となるマコモ革命の内容が信憑性がゼロで生物に関する知識が少しでもあればツッコミどころしかないという内容です。

あえてメリットを挙げるとするならば、マコモ風呂を行っている間はお風呂という菌が繁殖しやすい+人間経由で持ち込まれやすい環境を放置する事になります。

そのため、必然的に信じられない程多くの細菌に触れることになり体調を崩すことにはなりますが、結果的には耐性が付くということです。

当然ですが免疫が弱り始めた時どうなるかは保証できません。

もしもまだマコモ風呂を信じようと思った人がいれば、好転反応という言葉を調べてみると良いかもしれません。

それは医療の偽科学でお金を稼ごうとしている人がいつも多用する人間の仕組みです。



マコモ風呂は危険なレジオネラ菌がいて怖い・アトピーへの効果と問題点まとめ

ここまでで、マコモ風呂のレジオネラ菌の危険性とアトピーへの効果、問題点について紹介しました。

  • マコモ風呂ではお湯を換えずに使うとレジオネラ菌が繁殖しやすく健康被害が出る恐れがある
  • マコモ風呂にはアトピー改善効果が全くないとは言えないが健康被害のリスクの方が高い
  • マコモ風呂の問題点は、①医学的な根拠が皆無であること、②アトピー悪化の実例があること、③根拠なしの拡大解釈や誇張発言が広まった素人療法であること、④感染症のリスクがあること

マコモ風呂はレジオネラ菌を筆頭に危険な菌が大繁殖し、同じお湯に毎日漬かる事から菌を外から持ち込み貯め込むことになります。

アトピーへの効果はゼロとは言いませんが、国際的に信用されるバイオ入浴に頼った方が良いでしょう。

問題点は多いですが、医学的根拠が無いという事を代表として挙げます。

マコモ風呂に関しては半ば宗教染みた物となっており、調べれば調べる程それ人間の普通の反応だから……だったり、どう考えても嘘だよ……といった反応ばかりが浮かびます。

心地よい言葉で丸め込み、逃げられないように嘘の理屈を説明に使い、続けさせる。

ネズミ講に似た状態になっているとも聞きますし宗教やマルチ商法といった遠ざけておくべき物と考えておきましょう。

こういった商法に引っかからないように、自分で考えて行動するように心掛けてください。