槇原敬之(マッキー)の釈放日と保釈金を調査!過去に同様の罪で逮捕された芸能人と比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月13日、またしても芸能界の大物が覚せい剤所持で逮捕されました。

シンガーソングライターの槇原敬之(通称:マッキー)です。

実は彼は同じ容疑で1度逮捕されたことがあるんです。
前回は1999年8月で、20年ごしで今回2度目の逮捕ということになります。

1度目は当然ながら大騒ぎになり、関連CDが点灯からすべて撤去され、当然ツアーもキャンセル(経費全額負担)、レギュラーのラジオ番組も打ち切りになりました。

この結果、7億円も借金を背負うことに….。(((((( ;゚Д゚))))))ガクブル

さてそんな彼ですが、

  • 今回2度目だけど、保釈金はいくらになるのかな
  • 釈放日はいつになるの?

といったことが気になるかと思います。

今回は、槇原敬之の釈放日と保釈金について調査した結果と、同様に覚せい剤で捕まった芸能人の保釈金・釈放日数についても調べてみました。

スポンサーリンク

覚せい剤マッキーの釈放日と保釈金

1度目の逮捕の時は、保釈金が300万で2週間で保釈されていました。

では今回はどのようになるのか。
まずは同様の逮捕歴をもつ先輩(?)芸能人の実績を見てみることにします。

過去に覚せい剤所持で逮捕された芸能人の釈放日数と保釈金

【覚せい剤所持で逮捕歴のある芸能人<保釈金/釈放日数>】

芸能人名 保釈金 釈放日数
田口淳之介 300万円 逮捕から16日間
ピエール瀧 500万円 逮捕から23日間
高知東生 500万円 逮捕から35日間
清原和博 500万円 逮捕から44日間
酒井法子 500万円 逮捕から41日間
沢尻エリカ 500万円 逮捕から10日間
ASKA 700万円 逮捕から41日間
押尾学 1,000万円 逮捕から10ヶ月

最も低いのは田口淳之介で、1度目の槇原逮捕の時と同額です。

スポンサーリンク

トップは押尾学でなんと1,000万円にも!釈放日数も他よりもぶっちぎりで長く、10か月にも及んでおります。

どうも保釈金額というのはその人の資産・経済状況を判断して決めるようなところがあるみたいですね。

手続きによって後で返還されるようですが、裁判から逃げたりするとそのまま取られてしまいます。なので戻ってこないと困る、裁判を受けよう。と思わせる金額に設定してるんですね。

あとは悪質性と罪の重さなんかを考慮してるようです。
(押尾学の場合一緒に違法薬物を服用した女性を置き去りにして死亡させていた点が問題視された)

釈放日はいつ?

さて、今回槇原敬之の2度目の逮捕について、釈放はいつになるかはまだ判明してません。

再犯ですからね、前回より短いってことはないですよね。

2週間~6週間程度かかると予想されるでしょう。

保釈金はいくら?

こちらについても300万で済むとは思えませんね。

さすがに1,000万取られるとまではいかないでしょうから、

500万円~600万円あたりになるのではないでしょうか。

まとめ

  • 覚せい剤所持で逮捕の芸能人で保釈金は300万円~1,000万円、釈放日数は10日~44日程度
     ※押尾学は覚せい剤以外の罪も考慮されているため除外
  • 槇原敬之の釈放日は逮捕後2週間~6週間程度と予想
  • 保釈金は500万円~600万円になるものと予想

薬物に手を出してしまうと地位も財産も一気に失うことになってしまうので、絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA