ビデオ通話の写真

米Googleから4月29日、Web会議サービス「Google Meet」を5月上旬以降に無料提供すると発表されました。

Google Meetを無料提供することを伝える日本経済新聞のニュース

新型コロナを機に在宅勤務が加速する中で、ZOOMやTesms、Facebook RoomsなどのWEB会議ツールが注目されてきました。

遂にGoogleも自社のWEB会議ツールの無料提供に乗り出したのです!

ではGoogle Meetがどういった使い方ができるのでしょう?

今回は、Google Meetでの

  • バーチャル背景設定
  • 背景のぼかし方
  • 合成方法

について紹介します。



Google Meetでバーチャル背景設定・背景ぼかし・背景合成する方法

Google Meet」はこれまで「G Suite」というサービスの中にある「Hangouts Meet」(ハングアウト)と呼ばれるビデオ会議機能として使われていました。

「Google hangouts Meet」では有料のみとなっておりましたが、5月上旬以降は「Google Meet」として無料で誰でも使うことができます。

では早速その使い方について見てみましょう!

まずはバーチャル背景の設定方法についてです。

Google Meetにはバーチャル背景を設定するような機能はありませんが、そういった場合にも設定することは可能です!

それは映像加工ソフト「Snap Camera」を使って行います。

  1. Snap Cameraをダウンロード
  2. Snap Cameraを起動して背景を設定
  3. Google Meetを起動してカメラの設定で「Snap Camera」を選択


Google Meet用のバーチャル背景合成方法

Google Meetのバーチャル背景を設定する「Snap Camera」は無料ソフトです。

以下のサイトからダウンロードできます。
Snap Camera<公式サイトダウンロードページ>

まずは” Download”のボタンをクリックします。

次のページで以下のチェックボックスにチェックを入れ、”Email: “と書かれた右側の空欄に自分のメールアドレスを入力します。

Snap Cameraダウンロード

” 私はロボットではありません”にチェックを入れて、「DOWNLOAD FOR PC」をクリックするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わり、インストール画面が出てきたら「Next」をクリック。

Snap Cameraインストール①

「Next」をクリック

Snap Cameraインストール②

「Next」をクリック

Snap Cameraインストール③

” Create a desktop shortcut”にチェックを入れて「Next」をクリック。
※デスクトップにショートカットを作りたくない場合は外して下さい。

Snap Cameraインストール④

「Install」をクリック

Snap Cameraインストール⑤

「Finish」をクリックして完了!

Snap Cameraインストール⑥

では実際に映像加工ソフト「Snap Camera」を使って背景を設定する方法を説明します。

Snap Cameraを起動すると以下のようなトップ画面が出てきます。

snap cameraトップ

上半分の画面に、実際のWEBカメラで移った自分の顔が表示されます。

ここでは、自分自身の映像以外の部分の背景を設定したり、好きなエフェクトを付けたりすることができます。

今映っているのは背景だけを変えたもので、下のリストの一番左上のアイコンが選択された状態になります。
(”Space”と書いてあるので宇宙の背景ですね)

一部イスのカバーが映りこんでしまってますが、多少は、ねぇ^^;

手っ取り早く自分の顔も相手に見せたくない!

という場合はこんな映像にも加工できます♪

Snap Camera Pickle me

アイコンの左から4番目を選択していますが、背景が黄色一色で自分の顔は”Pickle”(ピクルス)に変換されます(笑)。

自分の動きに合わせてうねうね動いて楽しいので、試してみて下さい^^

他にはこんなものもあります。snap camera Disco Avocado

自分の顔がアボカドになります。

種類はものすごくたくさんあって紹介しきれませんので、ぜひ自分で気に入ったものを見つけて使ってみるといいでしょう!



Google Meet用の背景ぼかし方法

WEB会議・ビデオ通話といったツールを使う場合、WEBカメラを使ってお互いの顔を相手の画面に表示させてやり取りを行うことが多くなります。

映っている全体をぼかして見せたい方は、Snap Cameraの”🔎Search Lenses”と書かれた検索窓に「Blur A7」と入力して検索してください。

出てきたアイコンを選択すると映像全体に強いぼかしがかかった状態にできます。

Google Meetにバーチャル背景を適用

Snap Cameraの設定ができたら、それをGoogle Meetで使ってみましょう。

Google Meetの画面右上のメニューアイコンをクリックして、「設定」→”動画”タブを選んで、「カメラ」の項目から「Snap Camera」を選択します。

こうすることで、Google Meetの画面もSnap Cameraで設定した背景やエフェクトが適用されるようになります。



Google Meetに使うバーチャル背景のお気に入り登録方法

好みのエフェクトが見つかったらお気に入りに登録しましょう!

やり方はまず、お気に入りのエフェクトアイコンを選択します。

次に自分の映像が映っている画面の右側の小さい画面をクリックします。

snap cameraお気に入り登録①

すると次の表示になるので、☆マークをクリックします。

snap cameraお気に入り登録②

これでお気に入りに登録されます。

登録されたお気に入りを使う場合は、画面左上の☆マークをクリックすると、お気に入り一覧が表示されます。

snap cameraお気に入り登録③

ここからいつでも使うことができます!



Google Meetでバーチャル背景設定・背景ぼかし・背景合成する方法まとめ

ここまででGoogle Meetでバーチャル背景設定・背景のぼかし方・背景合成方法について紹介させて頂きました。

  • Google Meetでバーチャル背景を設定するには「Snap Camera」を使う
  • 背景のぼかし方・合成方法は「Snap Camera」で行う

リアルタイムで映像加工を行うソフトなので、動作中は結構重くなります^^;

ビデオ通話アプリも使いながらなので、お使いのPC/スマホのスペックと相談しながら使用して下さい。